【剣盾シングルS18最終133位/2008】霰パ 9チルドン

はじめましてラムカです。シーズン18お疲れ様でした。今回初めてレート2000を達成したので記事を書かせて頂きます。

f:id:yukarizukiramuka:20210601121122p:image

【レンタルパーティー

f:id:yukarizukiramuka:20210601172731j:image

【構築経緯】

まずS14のときに、先発適性が高くて、環境に技範囲が通っているポケモンを考えました。そこで氷+妖の技範囲で多くの相手に弱点がつけるAキュウコンに着目しました。『Aキュウコン入れるなら霰パが使いたい!』ということで霰エースのパッチルドンもすぐに決定。ここで霰パというコンセプトが決まり、残り4匹を考えるようになりました。

S14では上記2匹に加えて、ギャラドス、ゴリランダー、バシャーモドリュウズの積みリレーを使っていたがイマイチ。S18も同じパーティーを使っていたけど3桁と4桁を行ったり来たり、、。

ついに5000位台まで落ちてしまい、S18中盤で思い切って4匹の枠を変更することにしました。そこで完成したのが以下の6匹です!

【個体紹介】

Aキュウコン (NNマルキュウビ)

f:id:yukarizukiramuka:20210601174936j:image

@きあいのタスキ ゆきふらし

149(4)-×-95-133(252)-120-177(252)

ふぶき/ムーンフォース

オーロラベール/ぜったいれいど

調整意図

HB…陽気水ウーラオスの水流連打最低乱数以外耐え。

C…ムーンフォース+あられ2回で無ふりウオノラゴンを確定で倒せる。

S …カミツルギと同速勝負したいため最速。

○技構成について

ふぶき、ムーンフォースはコンセプトなので確定。フリーズドライはあると便利だが、今季は必要そうなタイミングがそんなになかった。運が悪いとき、一度解雇してキサラさんから頂いたキュウコンにさいみんじゅつを覚えさせて使ったが、さいみんじゅつは当たらなかったので、元の個体に戻した。

 

▷パッチルドン(NNパッチルノン)

f:id:yukarizukiramuka:20210601174945j:image

@いのちのたま ゆきかき

165-152(252)-110-×-101(4)-117(252)

でんげきくちばし/つららおとし

けたぐり/みがわり

調整意図

S…ゆきかき下でS実数値234。

準速スカーフウーラオス(223)

最速スカーフカプ・レヒレ(225)

準速S↑サンダー(228)

などのSラインを抜くため陽気。

A…できるだけ高く。

D…サンダーにほんの少しだけ強く。

○技構成について

みがわりはあられ最終ターンで相手のダイウォールに合わせて打つことができるので入れてみた。また、あくびループを抜けたり、ダイマターン枯らし、さらにダイウォールとしても使えるのでかなり使いやすかったが、誰もみがわりパッチルドンを使ってなくて驚いた。

 

▷水ウーラオス(NNラムネ)

f:id:yukarizukiramuka:20210601174951j:image

@こだわりスカーフ ふかしのこぶし

175-200(252)-120-×-81(4)-149(252)

すいりゅうれんだ/インファイト

れいとうパンチ/かみなりパンチ

調整意図

A…無ふりDMエースバーンをすいりゅうれんだ+あられ+珠ダメージで飛ばす。

S…準速スカーフウーラオスと同速勝負する。

D…ポリゴン2にほんの少しだけ強く。

○技構成について

サイクルは回せないので、とんぼがえりは採用しない。代わりにれいとうパンチを入れることで、水ウーラオスがダイアイスを打ち、裏のパッチルドンを暴れさせることができる。

 

バシャーモ(NN -273*C)

f:id:yukarizukiramuka:20210601174955j:image

@バコウのみ かそく

173(140)-141(4)-116(204)-×-94(28)-128(132)

フレアドライブ/インファイト

ストーンエッジ/つるぎのまい

調整意図

HB…陽気珠エースバーンのダイジェット確定耐え。

HD…おくびょうサンダーダイジェット最低乱数以外耐え。

S…S↑で最速アーゴヨン抜き。

A…余り

○技構成について

かみなりパンチやじしんが一般的だが、ストーンエッジにすることでサンダー、エースバーンへの高威力打点として利用したり、岩技の一貫性を利用して交代読みなどの択を減らすことができる。

 

ウツロイド(NNカノン)

f:id:yukarizukiramuka:20210601175002j:image

@パワフルハーブ ビーストブースト

185(4)-×-68(4)-169(172)-161(76)-170(252)

メテオビーム/ヘドロウェーブ

くさむすび/パワージェム

調整意図

S…ビーストブーストでSをあげたいので最速。

C…Sより1小さい実数値。

H…申し訳程度の奇数調整。

D…特殊としか戦う気がなかったのでDに振れるだけ振る。

B…余り。

○技構成について

パワージェムの枠をウツロイドミラーに強いサイコショックにしていたが、ウツロイド入りに結局選出しなかったので、パワージェムにした。岩技がメテオビームしかないと思われることが多く、うまく倒すことができた。

 

カイリュー(NNカイリュー)

f:id:yukarizukiramuka:20210601175008j:image

@じゃくてんほけん マルチスケイル

175(68)-198(204)-115-×-120-130(236)

しんそく/じしん

ダブルウィング/りゅうのまい

調整意図

S…準速ヒードラン抜き。

H…16n-1になるよう調整。

A…残り全部。

○技構成について

霰パを通す上で苦手なジバコイルヒードランを倒してもらうために招集したポケモン。カプ・コケコ、レジエレキ、カプ・テテフやゴリランダーも辛かったので、全てをこのポケモンに見てもらった。じしんとダブルウィングでゴリラドランの並びを崩せる。しんそくはレジエレキ意識。

 

【構築のコンセプト】

Aキュウコンであられを降らせて、パッチルドンか水ウーラオスの一貫を作り、無理やり突破することがコンセプト。

基本的には Aキュウコン+パッチルドンは確定で、ラスト1匹を4枠から選択する形が多い。

 

【構築の弱いところ】

▷戦術、立ち回りなど

まず前提として、この6匹でサイクル戦をすることは難しいです。全体的に耐久が低いので2サイクル目で全ポケモンがバテてしまいます。なので、この構築は釣り交換が必須です

特に苦手なポケモン

ポリゴン2かくとうタイプが2匹もいるのに選出されるしめちゃくちゃ強い。

ジバコイル霰パの天敵。ボルトチェンジでサイクルも回されるので釣り交換の難易度が高い。

エースバーン…1ターン目で負けが確定することがある。

ナットレイパッチルドンも水ウーラオスも止まってしまうびっくりポケモン。霰パは連れて行けない。

 

【結果】

f:id:yukarizukiramuka:20210601153434j:imagef:id:yukarizukiramuka:20210601153452j:image

【最終133位/2008】で、念願のレート2000を達成することができました!

 

【あとがき】

ここまで読んでくださってありがとうございました。今季、ランクマをするときはできるだけ、ツイキャス配信をしていました。見てくれている人がいるという緊張感の中でポケモンをした方が、自分に力がつくと思ったからです。配信しながらランクマッチをすることによって、自分の考えを説明したり、対戦の状況の確認をすることで、情報をしっかり整理することができました。これからもこのスタイルをやっていきたいです。

自分のキャスを見てポケモンのモチベーションが上がったって声をたくさん聞いてとてもうれしかったです。ツイキャスを毎回に見に来てくれたり、構築相談に乗ってくれたり、いろんなかたちで応援してくれた全ての方へ、本当にありがとうございましたm(__)m

最愛杯【vsやっちゃん】〜僕によく似た後輩トレーナー〜

 こんにちはラムカです。今回は空澄さん主催のメタゲーム大会、最愛杯に参加しました。

 f:id:yukarizukiramuka:20210323004726j:image

今回の対戦相手はやっちゃんさん。この大会の裏で開かれている、DJGPの主催者さんです。大会への情熱が他の方とは違い、どこか去年の自分を思い出させてくれる。そんな方です。

トーナメント制の大会でヤンチャムを使って結果を残している。ヤンチャム使いのとてもやべー人です。今回のヤンチャムはお留守番みたい。おそらく決勝いったらパートナーズに入れるのでしょう。

 

f:id:yukarizukiramuka:20210323004815j:image

f:id:yukarizukiramuka:20210323004804j:image

選出予想

Sミミッキュ バシャーモ パッチラゴン アーマーガア

Aウツロイド カバルドン 

Bガマゲロゲ チゴラス

 

ミミッキュ…霊妖の範囲でギャラナットコケコ以外のポケモンが弱点を突かれます。剣舞アタッカーが1番辛いです。もしナットレイにも勝てるようにアッキビルドドレパンミミッキュが来たら泣いて命乞いします。

 

バシャーモ…電闘地炎の技構成で、ガブリアス以外に勝てそう。バシャーモに厚いパートナーズにしても通せちゃうのがこのポケモンの困ったところ。技範囲を広げたアタッカーだと思っています。バコウのみを持ってダイマックスしてくるかもしれません。

 

パッチラゴン…こいつも問題児。セパマッチで、パッチラゴンがいるパーティにギャラドスを出して負けたこともあり、すごく苦手。技範囲次第で全てのポケモンに弱点をつける。ガブリアスがいなかったらこいつの考察で詰んでいた。

 

アーマーガア…ギャラドスガブリアスを簡単に両方なんとかできる枠。物理方面に厚く振ると思う。アーマーガアがいないと、地面の一貫が辛いと思うので、大方がこっちがくるのかなって思ってる。

 

ウツロイドナットレイガブリアスなど受けれるポケモンが多い。型はスカーフかパワフルハーブのアタッカー。選出画面にはいる。

 

カバルドン…初手ダイマックスで氷炎電地の技範囲で普通のあくびカバルドンだと苦手なギャラナットコケコに勝てることに加えて、構築単位で重いガブリアスにも勝つことができる。初手ダイマカバルドンはめちゃくちゃ意識する。

 

チゴラス…竜舞してもガブを抜けない。スケイルショットで頑丈貫通できる。だからこない。

 

ガマゲロゲ…ギャラに勝てない雨エース。自分の構築に来るなら特殊ベースのダイマエース。それなら相手視点で重いであろうカプ・コケコとガブリアスに勝てて、ギャラナットで止まりにくい。

 

【相手の用意している戦術】

多すぎて分からん!!

 

と言うのも、考察を放棄したわけではなくて本当に持ってこれる選出が多すぎるんです。

アーマーガアで壁貼って、剣舞エースで抜く。

バシャーモで積んでバトン→つけあがるアーマーガア。

カバルドンで砂を蒔いて、すなかきパッチラゴンで暴れる。

トリックルームウツロイドミミッキュが使える。

ミミッキュチゴラスの行動補償もちポケモンがいて対面構築も可能。

雨エースのガマゲロゲがいる。

ステルスロックを撒けるポケモンも多い。

 

っていうかんじで8パートナーズとは思わせないほど戦術の幅が多すぎて完璧な仕上がりです。これに自由枠が加われば戦術は無限に編み出せますね。恐ろしい。

 

狭いポケモンでこれだけの戦術が用意できるので、見せ合い画面でも相手の戦術を判断できない。

 

だから、考え方を変えました。

 

今回は何がきそうか、という戦術予想より、何のポケモンが来たかという事実を重視して選出するポケモンを決めようと思います。

 

今回抑える事実は3点。

①パッチラゴンが来たか、アーマーガアが来たか。

②どのポケモンが抜けて自由枠は誰が来たか。

③初手がカバルドンかどうか。

です。

③は初手カバルドンの場合は初手ダイマと起点作りのときで対応策を変えなければいけません。なのでここは事前に対策をしときたいです。

 

まず、

ガブリアスが刺さってますね、上から地震を撃ってるだけで試合が終わりそう。パッチラゴン+アーマーガアの並びはランクマだと辛いのですが、制限ポイントが上限を超えてしまうため同時にパーティーに入れることができません。

 

どちらかは確実に来るので、来た方に勝てる軸を用意して刈り取ろうと思います。

 

アーマーガア構築

アーマーガア、バシャーモ

ミミッキュウツロイド

カバルドンorガマゲロゲ +自由枠の想定。

 

 水の一貫があり、ギャラドスが刺さっています。なので相手のアーマーガア構築に対してはギャラドス軸で考察を進めていきます。

 ギャラドスを使う上で考えなければいけないのはウツロイドミミッキュの攻撃の受け先。なのでナットレイもセットで持っていきます。この2匹で辛い雷Pバシャーモやフルアタカバルドンなどの対策に自由枠ウインディを連れていって完成。

 

パッチラゴン構築

パッチラゴン バシャーモ

ミミッキュ ウツロイド

ガマゲロゲorカバルドン +自由枠を想定。

 

 地面、超の一貫があります。なのでガブリアス軸で考察をしました。ガブリアスを通す上で辛いのがアッキミミッキュカバルドン。そこに抗うことのできるウインディを採用して、ドラゴン技を無効にできるカプ・コケコで完成。

 

相手の自由枠の候補は

パッチラゴン軸なら飛行グループから

エアームドバルジーナプテラ

陸上グループから

ウインディニンフィア

不定形グループから

Gマタドガス

水中1グループから

ナマコブシ

怪獣ドラゴングループから

ガチゴラスを警戒しました。

 

自由枠ウインディはやっちゃんさんのしてきそうな壁構築や天候ギミックへの対策もあり、ターンを稼ぐことができる物理受けでの採用です。

 

ってするつもりだったんですよね。

 

結論から言いましょう、最終的に用意したのはコレです。f:id:yukarizukiramuka:20210509043202j:image

 

f:id:yukarizukiramuka:20210509045754j:image

まずカイリキー。ダイヤモンド時代の相棒ポケモンです。兄に御三家のモウカザルを渡して帰ってこなかったことがきっかけでダイヤモンドではこの子がずっとエースで戦ってくれました!証はコンテストで優勝した記念の『きらめくおもいでのカイリキー』。相手がどちらの軸でも仕事ができる。相手のパーティーでカイリキーを受けれるポケモンカバルドンミミッキュだけなので、通りはかなりいい。こわいかおを打つことでが一段階下がったバシャーモに上から攻撃できる。

 

f:id:yukarizukiramuka:20210509045941j:image

ギャラドスは相手のダイマカバに出来るだけ強くするため珠のAS。アーマーガアを起点に積めるように挑発を採用した。バシャーモを抜くために最速。普通のギャラドス

 

f:id:yukarizukiramuka:20210509050211j:image

ナットレイの突破手段が普通の思考ならバシャーモとアマガパッチのどちらか、つまり2匹しかいないので、炎技を持った対策枠を呼ぶことができる。それが役目。ギャラドス選出するときは選出する。

 

f:id:yukarizukiramuka:20210509050412j:image

最速ウツロイド抜きのカプ・コケコ。不意の地震警戒やカバルドンに対面で勝てるようにシュカのみを持たせた。どちらの軸でも出せるようにしている。

 

f:id:yukarizukiramuka:20210509050610j:image

パッチラゴン軸ピンポイントのガブリアス。Sを最速ミミッキュ抜きにして、ハチマキでめちゃくちゃ殴っていく。後出しは許さない。

 

f:id:yukarizukiramuka:20210509050724j:image

そして自由枠。原種のギャロップです。最速でタスキを持っています。もともとウインディを使う予定だったけど、〈使いたかった〉のでこっちにしました!ウインディでは倒すことのできない、ガマゲロゲウツロイドに強いことで役割対象が広く、出し負けをしにくいからです。構築単位で重いミミッキュやパッチラゴン、カバルドンは鬼火を入れることで多少は抑え込めると判断しました。お花見に行って気分がリフレッシュした対戦日の昼にウインディから変更しました。

 

基本選出は特に決めてないです。もともとあったけど、対戦日当日の変更で全て無意味になりました。強いて言うなら、

アーマーガアがいたらギャラドス

パッチラゴンがいたらガブリアス

積極的に出していきます!

 

〈見せ合い画面〉

f:id:yukarizukiramuka:20210509202222j:image

相手の自由枠は…タチフサグマ…。なかなか辛いポケモンが来てしまいました。このポケモンは高火力で技範囲も広いので、受け出しはすることは不可能です。できるだけ対面で勝てるような構築を持っていきたい。

 

相手はパッチラゴンを連れてきているので、ガブリアスは確定。ウツロイドガマゲロゲの2匹がいて、スカーフパッチラゴンを止める役割があるギャロップも確定。あと1匹ですが、カプ・コケコのマジカルシャインじゃタチフサグマを倒せない気がしたので、自由枠タチフサグマに対面有利なカイリキーにしました。相手の初手できそうなポケモンに強いカイリキーを初手にします。

 

やっちゃんさん対戦よろしくお願いします!

 

僕は『きらめくおもいでカイリキー』相手はタチフサグマ!!

 

1ターン目

カイリキーvsタチフサグマ

有利対面です。裏にミミッキュがいなかったら格闘の一貫があるのでインファイトを選択。

相手はミミッキュは交代。インファイトをかわされてしまう。ボッ 火炎玉発動。

 

2ターン目

カイリキーvsミミッキュ

ミミッキュ剣舞エースだと皮が残ってることがまずいので、バレットパンチで皮を剥がす。

相手のミミッキュトリックルーム

トリックルーム!?僕は目の前が真っ白になった。

 

3ターン目 トリル4ターン

カイリキーvsミミッキュ

相手にトリルエースらしいポケモンはいない。可能性として思いついたのはパッチラゴンがトリルでもダイジェットでも暴れられるような微妙な速度の場合。引くとタスキを潰すか、ダイマエースの体力を削ってしまうので、突っ張ってバレットパンチ。相手のミミッキュはリリバのみで体力を緑ゲージの残す。相手は呪いを打ち、赤まで削れる。こちらのカイリキーは火炎玉ダメージと呪いダメージで半分くらい削れてきた。

 

4ターン目 トリル3ターン

カイリキーvsミミッキュ

バレットパンチを打ち、ミミッキュを倒す。

重かったミミッキュを突破。問題は残ったトリルターンで暴れるポケモンが誰か…。裏から出てきたのはパッチラゴン。

 

5ターン目 トリル2ターン

カイリキーvsパッチラゴン

カイリキーのSが97なので無振りのパッチラゴンより早い。Sラインの調整がどこか分からないが、抜けたたら嬉しいので、地震を選択。

相手はダイマックスをしてダイアース。相手のパッチラゴンが先に動いて、カイリキーが倒されてしまう。そして相手の持ち物は珠。僕は裏からギャロップを出す。

 

6ターン目 トリル1ターン

ギャロップvsパッチラゴン

タスキで確実に耐えるのでトリルターンを枯らせる。1番まずいのはここからダイジェットを打たれてガブより早くなってしまうこと。という思考に至ったので鬼火を選択。(実際、カイリキーより遅いパッチラゴンはダイジェットガブリアスを抜くことができない)

相手のパッチラゴンはダイドラグーン。タスキまで削れる。ギャロップはおにびをしっかり当てる。

 

7ターン目

ギャロップvsパッチラゴン

トリルが切れて、ガブ全抜き体制を整える。ギャロップはトリルのターンを枯らすことで役割を終えたので、10まん馬力を打つ。パッチラゴンはダイドラグーンを打ってギャロップを倒す。僕は裏からJOKERを出した。

 

8ターン目

ガブリアスvsパッチラゴン

出したのはJOKERという名のガブリアス。相手はトリルもダイマも切れた。ここは素直に地震で倒しに行く。しっかりパッチラゴンを倒す。

 

9ターン目

ガブリアスvsタチフサグマ

僕にはダイマックスが残ってる。タチフサグマは技が器用で凍える風や冷凍パンチを覚えるので、まだ油断ができない。ダイマックスをしてダイドラグーンを選択。相手はこごえるかぜを打ってきた。ボッ火炎玉発動。

 

10ターン目

ガブリアスvsタチフサグマ

相手の方が先に動ける。しかも根性型。もし冷凍パンチを持っていたら負けるかもしれない。不安な気持ちを抑えながらダイドラグーンを選択。相手はからげんき。体力が半分以上持っていかれたが、なんとか耐える。返しのダイドラグーンで無事勝利。

 

感想

出したいポケモンを全部出せて満足したが、反省点は沢山ある。まず、試合直前に自由枠を変えたこと。そのせいで対戦中どの選択が正しいのかを全然把握できていなかった。

 

トリックルームパッチラゴンに関しては全く読めなかったが、コレに関してはやっちゃんさんが一枚上手だったなあと思う。

 

とりあえず一勝することができた。次の相手は檸檬さん。勝てばその時点で予選抜けが決まる。負けても負け方によっては1on1に持ち込める。それでは次の考察記事にバトンタッチ!!

六花杯【NAGI戦】〜マイナーの可能性を追う〜

こんにちはラムカです。この記事は六花杯、予選Aブロック4試合目の記事です。

 

現時点でのAブロックの勝敗結果は

あっしゅさん 3勝1敗

ラムカ 1勝2敗

旅人さん 2勝1敗

サフランさん 1勝2敗

NAGIさん 1勝2敗

 

そして残ってる試合は 

ラムカvsNAGI  と

旅人vsサフランの2戦のみ。

 

1勝2敗が3人いますが、唯一ラムカだけは直接対決の結果より決勝トナメへ行けないことが確定しています。

 

ということで、対戦相手のNAGIさんを僕が道連れにします٩(^言^)۶

 

NAGIさんの10パートナーズはこの10体

f:id:yukarizukiramuka:20210319102511j:image

対して自分のパートナーズがf:id:yukarizukiramuka:20210319102752j:image

コレ。

〈パーティーに入ってるであろうポケモン

Sジュカイン、サンダー

Aカイリューバシャーモメタグロスウツロイドナットレイ

Bギャラドスラグラージ

Cカプ・レヒレ

 

水枠は1匹はいるんだろうけどどれも刺さりがイマイチです。

 

相手のパートナーズは4倍弱点を持つポケモンが多いので、今回はそこに対してメタを貼りました。非常にシンプル。

 

f:id:yukarizukiramuka:20210319104922j:image

 まず決めたのはウツロイドヤミラミの2体。ウツロイドは最速レヒレ抜き。ナットレイウツロイド以外に有効打のある技構成。

 

f:id:yukarizukiramuka:20210319105242j:image

 ヤミラミは対メタグロスカイリューあたりの弱点保険を持ちそうな高耐久物理アタッカーを抑えるのが役割。

 

f:id:yukarizukiramuka:20210319105329j:image

次に決まったのがギャロップギャラドス

どちらもナットレイを迅速に処理できる。

ウツロイドに有利な炎タイプで、ラグラージへの有効打を持つ。苦手なギャラも相手ができてめちゃくちゃ刺さってます。カイリューがいたらギャロップは留守番。

 

f:id:yukarizukiramuka:20210319105731j:image

ナットレイを誘って倒す、特殊ギャラ。ギャラミラーにも強い。雷パンチを持ったバシャーモを返り討ちにできる耐久があるので扱いやすそう。

 

ここまでで、うちのパートナーズはジュカインがぶっ刺さってます。

 

うちのブロックはNAGIさんとラムカ以外エースバーンがパートナーズにいたので、多分ジュカインを今まで選出してないと思うんですよね。出すならここでしょう!ということで今回の自由枠はf:id:yukarizukiramuka:20210319110325j:image

ジュカインです。スケイルショットと軽業を合わせて、ダイジェットカイリューカプ・レヒレに強いです。カプ・レヒレジュカインが見えたら絶対出すつもりです。がむしゃらでビーストブーストのサポートもできます。お互い最終戦なんだから、最後はジュカイン対決で勝負を決したいと思います。

 

f:id:yukarizukiramuka:20210319110643j:image

特筆することないマンムー。あっしゅさん戦の個体を流用してます。カイリュー牽制用です。

 

僕は今回草物理があえて一貫するパートナーズを組みました。なぜならジュカインを出して欲しいから。前回自由枠から来たナットレイを突破できないパートナーズだったのですが、今回は特に警戒しなきゃ行けない自由枠もいないので大丈夫そうです。

 

基本選出は初手ヤミラミウツロイド

@1の枠はレヒレがいたらジュカイン

カイリューがいなかったら、ギャロップ

上の条件がどちらも整わないときギャラドス

水枠がいないならマンムー。って感じで考えてます。

 

【見せ合い画面】

f:id:yukarizukiramuka:20210509025637j:image

相手の自由枠はヤミラミ。おそらくこちらのパートナーズの物理アタッカーを抑えるために来たんだと思います。ここで鬼火で妨害されないスカーフギャロップがめちゃくちゃ刺さってることに気づきました。先発ギャロップで場を荒らして、ヤミラミウツロイドで詰めていくルートを選びました。

 

それでは対戦よろしくお願いします!

こちらはギャロップお相手は…

ウツロイド!!

 

1ターン目

ギャロップvsウツロイド

こちらはスカーフギャロップなのでウツロイドより早い。10万馬力を選択する。相手は突っ張ってる!10万馬力をしっかりあて、ウツロイドを突破!裏から出てきたのはサンダー。

f:id:yukarizukiramuka:20210509030300p:image

 

2ターン目

ギャロップvsサンダー

こちらは地面技で拘っているので引きたい。ウツロイドに引きましょう。相手のサンダーはダイマックス!打たれたのはダイジェット。ウツロイドの体力が2割ほど削れる。

 

3ターン目

ウツロイドvsサンダー

サンダーへの最高打点である、メテオビームを選択。相手のサンダーが先に動いてダイサンダー。こちらはパワフルハーブメテオビームを打ってサンダーを赤ゲージまで追い込む。

 

4ターン目

ウツロイドvsサンダー

サンダーがメタグロス下げしてくるのを嫌ってたたりめを選択。相手のサンダーはダイウォールを。1ターン凌がれた。

 

5ターン目

ウツロイドvsサンダー

ダイウォールを打ってきたと言うことはサンダーを残したいと言うこと。交代読みでもう一度たたりめを打ちます。相手のサンダーは先に動いてはねやすめ。たたりめはそんなに入らないので、うまく回復をされてしまった。

 

6ターン目

ウツロイドvsサンダー

回復されたけどそれでも押していけそうだったのでヘドロばくだんを選択。相手は羽休め。相手の回復量とダメージが同じくらい。

 

7ターン目

ウツロイドvsサンダー

ヘドロばくだんを押す。相手は羽休め。前のターンとほぼ同じ状況が続く。少しずつ相手のサンダーの体力が減ってきている。

 

8ターン目

ウツロイドvsサンダー

サンダーに10万ボルトを押されてウツロイドが倒されてしまった。だが、十分仕事をしてくれた。裏からギャロップを出す。

 

9ターン目

ギャロップvsサンダー

こちらはスカーフなのでSが1段階上がったサンダーより早く動ける。フレアドライブを選択。相手は引いてラグラージを出す。フレアドライブは全然入らなくてしっかり受けられてしまう。

 

10ターン目

ギャロップvsラグラージ

さあ、この対面を待っていた。

相手は草4倍のラグラージ。僕はここでダイマックスを切ってソーラーブレードを元にしたダイソウゲンをうつ。相手は突っ張ってきて、ダイソウゲンでラグラージを突破。f:id:yukarizukiramuka:20210509033947p:image

 

11ターン目

ギャロップvsサンダー

相手のサンダーより早いので、ダイバーンを打ってフィニッシュ。f:id:yukarizukiramuka:20210509033940p:image

 

感想

ギャロップで3匹倒すことができて満足。

普通炎タイプじゃ手も足も出ないウツロイドラグラージを両方倒してくれました。今回の目標であった、ウインディとの差別化がしっかりでき、うれしかったです。

 

考察もメタも個人的には◎。相手の自由枠ヤミラミはこちらのトリルジジーロンの警戒ように持ってきたようでした。

 

対戦を振り返ると2勝2敗。

イオルブジジーロンをガッツリ警戒してくれたあっしゅさんとNAGIさんには勝って、旅人さんとサフランさんには負けた。と言う有様でした!

 

ブロック内の結果は4位。

ブロック内の1位通過のあっしゅさんに勝ったからこのパーティで爪痕を残すことができたかな。

 

この大会は7世代に行われたタカタカ杯の参加者がたくさんいて、僕のことをネッコアラの人と認知してくれてる方が多かったのはとても嬉しかったです。

 

運営のベロイさん、めあさん、あっしゅさん、サザンさん。楽しい大会の場を提供いただきありがとうございました。

 

そしてベロイさん優勝おめでとうございます!

主催で優勝、カッコいいです、羨ましい、、。

 

またどこか機会があれば会いましょう!さようなら!お疲れ様でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

六花杯【サフラン戦】〜メタゲー界の長老へ〜

f:id:yukarizukiramuka:20210102190534j:image

▷六花杯3試合目

相手はサフランさん!

サフランさんは絡みは今回が初めてですが、僕がTwitterを始めた頃から認知してました。僕の言うメタゲー狂人のうちの一人です。一昨年、キリツグさん主催のアウロラ杯で一緒になったことがありましたが、対戦は初めて。自分は現時点で1勝1敗でサフランさんは0勝1敗。Aブロックはかなり混戦しているので、ここで負けると予選抜けがかなり厳しくなります。なんとしても勝たないといけません。

 

f:id:yukarizukiramuka:20210105132150j:image

サフランさんのパートナーズはこんな感じf:id:yukarizukiramuka:20210102200541j:image

 

……今回の参加者でも特にパーティー相性が悪いです。サフランさんは高種族値高スペックなポケモンのみで構成していて付け入る隙がないです。わざわざ博打のようなことはしてこないと思うので、最低限のメタでくると思います。

〈選出画面にきそうなポケモン

Sエースバーン、テッカグヤミミッキュ

Aカバルドンポリゴン2カプ・レヒレ、ゴリランダー

Bギャラドス、カプ・コケコ

Cアーゴヨン

 

サフランさんのパートナーズとと僕のパートナーズのパワーが参加者1かけ離れているので全対応は不可能です。来そうな並びだけをメタっていきます。

 

旅人さん戦で使われたエースバーン、ミミッキュ+炎持ちダイジェットエース(テッカグヤ)。これが1番自分のパーティーに刺さってるので1番警戒したいです。

 

アーゴヨンやカプ・コケコはマンムーが怖いだろうしギャラドスはカプ・コケコが怖いと思うので選出から切って考えました。

 

相手の自由枠ですが、意識している余裕がないので今回は考えません。

 

f:id:yukarizukiramuka:20210215022606j:image

今回もお留守番の予定。ポリゴン2がいなければ刺さりはいい。

f:id:yukarizukiramuka:20210215022714j:image

相手の7匹に有利が取れる今回の構築の肝。とは言っても不意の炎技で死にやすいので慎重に動かしたい。

f:id:yukarizukiramuka:20210215022617j:image

サフランさん用カプ・コケコ。電気物理がかなり通っていて上から電気技を打つことであわよくば3タテできる。最速エスバ抜きでエースバーンをワイルドボルトでワンパンできる。

f:id:yukarizukiramuka:20210215022620j:image

カバルドンとゴリランダーが見えた時の先発。ゴリラのグラスラを耐えるように調整したつもりだったけど、なってなかった。Sラインは最速ゴリラ意識。

f:id:yukarizukiramuka:20210215022634j:image

今回ポリゴン2が突破しにくい構築のため選出圧力をかけるため格闘タイプのナゲツケサル。意外と多くのポケモンと殴り合えるので選出するかも。

f:id:yukarizukiramuka:20210215022654j:image

本構築のエース。エスミミッキュ両対応できるポケモンが欲しくてオッカグヤの採用。ボディパをすることでカプ・コケコより早くなる。火力は貧弱なのでコケコやナットで体力を削ってから詰めのダイマックスエースとして使いたい。

 

基本選出は初手カプ・コケコ、ナットレイテッカグヤです。 

余程の想定外が起きない限りここからブレることはないです。

 

〈見せ合い画面〉

 

f:id:yukarizukiramuka:20210509013416j:image

何も予想が当たりませんでした…。アーゴヨン、カプ・コケコ、ギャラドスどれも来ないと思ってた、

 

そして1番まずいのは、初戦できついきつい言ってたナットレイ

 

今回は何も対策を用意していません。

 

まず自由枠のテッカグヤナットレイに何も打点がないのでおやすみ。そうなるとダイマックスエースが不在です。ならナットレイに勝てる可能性のあるダイマエースのギャラドスを持っていきましょう。

 

残りは相手のナットレイに有効打のあるナットレイと、相手のエースバーンをワンパンできるカプ・コケコを選びました!

 

対戦よろしくお願いします!

 

1ターン目

カプ・コケコvsカプ・コケコ

カプ・コケコはナットレイで受け切れると思ったので、ボルチェンをしてナットレイに引く。相手は『しぜんのいかり』!カプ・コケコが半分削られて、ナットレイを後出しする。

f:id:yukarizukiramuka:20210509022959j:image

2ターン目

ナットレイvsカプ・コケコ

こちら側はエースバーンやテッカグヤへの交代を読んでやどりぎのタネを選択。相手はそこまで読んでちょうはつを選択。何もできずに1ターンが過ぎてしまう。

 

3ターン目

ナットレイvsカプ・コケコ

やることがないのでジャイロボールで突っ張る。相手はボルトチェンジ。裏からアーゴヨンが出てきてジャイロボールのダメージが入って、相手のアーゴヨンの残り体力は4分の1。

 

4ターン目

ナットレイvsアーゴヨン

裏のカプ・コケコが最速アーゴヨン抜き調整だから、相手の大文字を耐えれば後出しが可能。ダメージ計算をしたところ耐えないので、ビーストブーストでSが上がらないことを祈って突っ張ってジャイロボール。相手はダイマックス!ダイバーンを打たれてナットレイが落ちてしまう。そしてビーストブーストでSが上がる。

 

5ターン目

ギャラドスvsアーゴヨン

ギャラドスダイマックスさせようとした時にダイサンダーの存在を思い出す。エレキフィールドが展開されているので、ダイサンダーを撃たれたら確実に耐えられない。ここは一度ダイウォールでフィールドターンを枯らします。

相手はダイサンダー!…危なかった。

なんとかフィールドターンを枯らして次へ

f:id:yukarizukiramuka:20210509024337p:image

 

6ターン目

ギャラドスvsアーゴヨン

ギャラドスアーゴヨンのダイサンダーをダイマックスすると87.5%の有利な乱数で耐えるので、ここでダイジェットを選択。相手のアーゴヨンが先制してダイサンダー。ギャラドスは倒されてしまう。そんなあ…。

 

7ターン目

カプ・コケコvsアーゴヨン

素早さの2段階上がったアーゴヨンを抜けるわけがなく、ダイアシッドを受けてゲームセット。

f:id:yukarizukiramuka:20210509025216j:image

 

反省

ナゲツケサルがめちゃくちゃ刺さっていた。が信用などしていないので出せる訳がなかった。ランクマで使用感を試しておくべきでしたね。

 

って言うことじゃなくて、もっとたくさん問題はありました。その中でも特に重要な2つを話します。

 

一つ目として、今までの二戦を通して自由枠の警戒がなくなってしまっていたことです。こちらのパートナーズは意図的にナットレイが刺さるように組んだのでそこをメタで刈り取るのが狙いでした。しかし、今回はナットレイ対策を全く仕込まずに考察を進めてしまいました。

 

二つ目は、対戦相手のパートナーズが強すぎて

、相手の使ってくるポケモンを絞ったところにあると思います。パートナーズパワーが違うから当然と思うかもですが、パートナーズパワーが高いからこそ誰でも僕のパートナーズに通すことが可能でした。だからこそ全体を浅く広く対応できるポケモンを持ってきた方が勝機はあったかもしれません。

 

ここで負けたことで自力で上がることは不可能になりました。とはいえ、次のNAGIさん戦で勝たなければ上がらないので問答無用で倒しにいきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

六花杯【vsあっしゅ】〜予選抜けに王手をかけられて〜

前回の旅人さん戦を終えて思ったことが、、、。僕の今までのメタゲームはある程度対戦相手の特徴やクセを知った状態でやっていました。でも、このブロックは対戦したことがない人しかいないので、当然ながら憶測でしか考察することができないんですね。だから、この対戦からは人読みを交えた考察は一度封印したいと思ってます。

 

それともう一つ、相手が用意できる全ての軸をメタるともともと低い自分のパーティパワーがさらに落ちたり、立ち回りが複雑化するので、単純で分かりやすい戦法で勝ちを狙いたいと思います。

f:id:yukarizukiramuka:20201109201524j:image

2戦目:あっしゅさん

f:id:yukarizukiramuka:20201109200942j:image

〈刺さっているポケモン

Sエースバーン、悪ウーラオスカプ・テテフ

A化ランドロスギルガルド、霊ボルトロス

エンテイ

Bカプ・レヒレアーゴヨンフェローチェ

 

〈10パ雑感〉

S95族以上のポケモンが8体!準伝説の数も脅威の8体!?(どちらも参加者唯一) このブロックで唯一被りなし。20体環境のメタゲーム。

 

〈あっしゅさんの10パートナーズ考察〉

相手のパートナーズは全体的にとても素早さが高く、技範囲による制圧や一貫の取りやすい技を持つポケモンが多い印象。僕の10パートナーズのパワーが低いことやサイクルを回すには耐久が足りないことから、対面構築が1番きそうです。

 

そこで相手の素早さに対抗できてかつ、対戦の主導権をこちらが握ることができる作戦を思いつきました。それは初手ダイマックスの奇襲を行い、ダイアタックで相手の高速アタッカーの素早さを下げることです。

 

今回そのダイマックス役を担うのはマンムーくん。相手の初手で出てくるエースバーンをダイアタックからダイアースで処理ができるような調整をしています。

 

最初はイオルブ始動のトリルジジーロンを通そうと思ったのですが、火力が思ったより伸びない点やエンテイの聖炎の火傷や挑発悪ラオスが睨みを効かせていたので諦めました。

 

長々とした考察は読めるものではないので一旦中止!簡潔に相手の6匹の最終予想をします。

 

エースバーン、悪ウーラオス

カプ・テテフギルガルド

ボルトロス、化ランドロス の6匹です。

 

前回の旅人さん戦を教訓に刺さっているポケモンが素直に飛んでくる想定で行きます。

 

〈パーティー紹介〉

f:id:yukarizukiramuka:20210102161605j:image

タスキじゃないエスバを分からせるスカーフでの採用。スカーフで1匹持って行った後、A上昇状態でダイマックスすると1匹で全抜きする力もある。

f:id:yukarizukiramuka:20210102162136j:image

お守り。定数ダメージで削るので誰に対してもそこまで弱くない。エスバの膝を割りたい一心でまもる採用。

f:id:yukarizukiramuka:20210102162147j:image

悪ウーラオスに滅法強い枠。フェロやエスバ対面を安定させるためのエレキシード。刺さりはいい。

f:id:yukarizukiramuka:20210102162243j:image

マンムーを初手で出さない方がいいときは、先発で出してステロ展開+フェロで殴りに行く。毒岩打点も通りがいい。

f:id:yukarizukiramuka:20210102162209j:image

今回のダイマエース枠。悪ウーラオス以外にはそこそこやれる。ダイアタック一回で最速エースバーンを抜ける。

f:id:yukarizukiramuka:20210102162214j:image

今回の自由枠。相手のパーティー全てに弱点がつける超ぶっ刺さりポケモン。タスキの方が安定するが、火力が欲しかった。もしあっしゅさんvsラムネが4試合目ならこのポケモンは連れていきませんが、まだ2試合目なのでこの弱点に気づいていないかも、、

 

基本選出は

A planマンムーウツロイドフェローチェ

B planウツロイドフェローチェマンムー

です!

 

ここで勝たないと予選一位抜けはほぼ確実にないので、マイナーは置いてきました。あの子らにこの試合は荷が重すぎます。

※(実際のところを言うと、過去の大会を見てて、あっしゅさんにマイナーの奇襲は出来なさそうだった)

f:id:yukarizukiramuka:20210102162121j:image

 

〈対戦当日〉

f:id:yukarizukiramuka:20210102164124j:image

🐨『えっ!?自由枠ジジーロン!?

エースバーンもエンテイもなしか、、』

 

謎のポケモンジジーロンに加えていちばんメタッたエースバーンの不在。

 

冷静に考えれば、トリル対策+ナットレイに強いジジーロンを入れたから炎枠は必要ないと判断したのかな?戦ったことない対戦相手の思考は読めません。ウーラオス初手が濃厚になったので、マンムーに先鋒は任せられない。Bプランでいきましょう!ウツロイドフェローチェマンムーでいざ陣定に!

 

あっしゅさん対戦よろしくお願いします!

f:id:yukarizukiramuka:20210102165413j:image

 

1ターン目

ウツロイドカプ・レヒレが御対面。水の一貫があり、スカーフレヒレだと即負けに直結するので岩石封じから入ります。普段はこんなプレイング絶対しないけどこの日は落ち着いていました。ウツロが先制して岩石封じ。お相手のレヒレは波乗り。レヒレはスカーフではなかったのでほぼ無駄な1ターン、ウツロは緑ゲージで耐える。f:id:yukarizukiramuka:20210102171103j:image

 

2ターン目

ステルスロックを撒いて、フェロで全抜き予定なのでステロを選択。こちらは岩を撒いて相手は波乗り。ウツロイドがギリギリ耐える。

 

3ターン目

ウツロは用済みなのでヘドロウェーブできる。レヒレを赤まで削り、レヒレの波乗りでウツロが落ちる。裏からフェローチェ降臨!

 

4ターン目

相手の裏に鋼がいないので、一貫してて命中安定の毒づき。レヒレを落としてビーストブーストでA上昇!裏から出てくるはカプ・テテフ

 

5ターン目

運命のターン。もし相手のテテフがスカーフならフェロが落とされて、マンムーで2匹の相手をしなければならない。でもうちのパートナーズは全体的に遅めなのでスカーフは持たないだろうという考察をしてきた。ここは自分の考察を信じて毒づきで突っ張ります。もしダイマックスをされたとしても、ステロ込みで耐久無振りのダイマックスカプ・テテフをちょうど確定1発に出来ます!僕は突っ張って毒づきでを選択。相手は…?

f:id:yukarizukiramuka:20210102171054j:image

ダイマックス、、、!!

頼む、倒してくれ〜!

 

 

フェローチェの毒づきでカプ・テテフを1発KO

 

裏からランドロスが出てくる

f:id:yukarizukiramuka:20210102171325j:image

6ターン目

攻撃が2段階上昇した珠トリプルアクセルランドロスを1発小突いて無事勝利!

 

〈対戦後の感想・反省〉

自由枠ジジーロンの真相…あっしゅさんはナットレイ対策で入れていたようでした。おそらくそれプラスでこちらのトリルジジーロンに対してもある程度戦える枠としての採用ですね。対戦始まる前はした5匹が自由枠で選ばれない想定だったのに、それがこの試合で大きく覆されることに、、、

奇抜なウーラオスあっしゅさんはスカーフ挑発ウーラオスとかいうわけわかんないポケモンを採用していました。イオルブにおみとおしでスカーフを見られたらちょうはつはないと断定され、トリルを貼ってくる という想定のものだったらしいです。それを聞いてトリルジジーロンを連れてこなくて本当によかったと思いましたね。少しでもマイナー活躍させたい欲が先行していたのであれば確実にドツボにハマってました。

 

あっしゅさんのメタはどこか自分と考察の核の部分が似ています。策を見てみても相手のメタをメタるやり方なので僕と同じですね!

 

何はともあれなんとか勝利。現時点で1-1。ブロック内では2位の結果。次の対戦相手はサフランさん。またしてもメタゲー経験値の多い猛者、気が抜ける試合は何一つありませんね。

 

 

 

 

 

六花杯【vs旅人】〜即断即決、電撃戦術〜

秋だ!11月だ!メタゲー大会の季節だー!ということでね、六花杯に参加に声がかかったので参加しました。この大会はメタゲーム大会常連者(メタゲーム中毒者)がたくさんいます。新人ルーキーの僕では全然歯がたたないと思いますが、お手柔らかに……とは言いません。全力で僕を倒しに来てください!(ぶっちゃけると新人でもなんでもない)

 

さて、前振りはここまで まずは僕のパートナーズを見てもらいましょう!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

f:id:yukarizukiramuka:20201108001039j:image

どうです?何してくるか全然わからないでしょう?上5匹はまあいいとして問題は下の5匹ですよね?メタゲームではじめましての顔ぶれが揃っております。この子達が活躍する試合は果たしてあるのでしょうか?

 

一度、気持ちをリセットしてまずは旅人さんさん戦の考察へレッツゴー!!

+×+×+×+×+×+×+×+×+×+×+×+×+×+×+×+×+×+×+×+×+×+×+×+×+×+×+×+×+×+×+×+×+×+×+×+×

 

1戦目:旅人さん

f:id:yukarizukiramuka:20201108001836j:image

〈刺さっているポケモン

Sエースバーン、テッカグヤ

Aミミッキュ、パッチラゴン、

Bボーマンダカプ・レヒレポリゴン2

Cバンギラスマンムーエルフーン

 

〈10パ雑感〉

KPトップ5が全て揃ってる テッカグヤ/ミミッキュ/カプ・レヒレ/ポリゴン2/エースバーン

・カグヤ、ポリ2、レヒレの突破手段が少ない

マンムーのみ被り 19匹環境でのメタゲーム

 

まあこの大会には7世代の亡霊が大勢いるからカグヤ、レヒレ、ランドあたりがKP上がるのは最初から想定してましたが、、参加者20人でKP11のカグヤくんは正直やばいぞ💦

 

〈旅人さんの10パートナーズ考察〉

まず見える戦術から

1.炎技持ち全抜きエースを通す🔥

2.バンギ、パッチのすなかき軸⛰

3.ポリ2交えたガッツリサイクル戦♻️

4.刺さってるポケモンだけ連れてく脳筋戦法💪

5.自由枠を考慮した相手のメタへのメタ張り

こんなところでしょうか  

 

旅人さんの過去大会の傾向を分析できなったので、好みの戦術を把握できませんでしたが、おおかた1と5を合わせた戦法をとってくると思います。1は単純にささりが良く、5がメタゲー大会の醍醐味なのでね。

 

〈付け入る隙〉

カプ・コケコパッチラゴンと強力な電気タイプが使えるのに対し、地面タイプはマンムーしか使えない。炎技を覚えるポケモンが5匹。

以上の点を踏まえて、今回使う戦術は

『1発勝負の釣り交換』

です。

今回釣り餌になってもらうのはナットレイくん。作戦の全貌を言うと、初手カプ・コケコで有利なら攻撃、不利ならナットレイに引く。次のターンはノータイムでナットレイパッチラゴンに下げる。そうすることで、パッチラゴンを出すタイミングで、ナットレイに釣られてエースバーンか、テッカグヤのどちらかが場に出てくると考えました。パートナーズのパワー差が天と地ぐらいあるのでこのぐらい思い切った方が勝ち筋が太いと思いました。これが今回の主軸の作戦です。単純に電気の一貫もあるので、仮にこの作戦が失敗しても戦えると決断しました。

 

〈相手のパートナーズの型予想〉

【エースバーン】技範囲を広げたアタッカー。初手ならタスキ7割、スカーフ3割で見る。先制技はなさそう。全抜きエースの場合は珠でエレキボールを持っていそう。

テッカグヤ技範囲を広げた両刀アタッカー。地震と放射と飛行技でだいたいのポケモンと相手ができる。ラスト1つはメテオビームが1番嫌。ソクノのみが1番嫌。

ミミッキュ剣舞じゃれかげ@1。@1はナットレイに仕事ができる呪いや鬼火が最有力候補。パッチラゴンを見たら絶対出てくるのでナットレイで狩りたい。

【パッチラゴン】スカーフを持たせて電気と炎と地面の打点でギャラナットコケコに対して厚くしてきそう。

ボーマンダ自由枠エスバ対策で入ってきそう。特殊も物理も可能性がある。飛行技、竜技、大文字でラスト一つが竜の舞かみがわりを予想。おそらく命の珠。

カプ・レヒレ自由枠エスバ対策②。スカーフはナットレイウツロイドに弱いので、HBに寄せた瞑想挑発の残飯レヒレ

ポリゴン2考えたくないポケモン筆頭。ポリゴン2入りにはギャラドスが通らない。HB振り。自己再生と電気技を絶対持ってて、トリル警戒でトリルがあるのかもしれない。

バンギラス旅人さんが信用してるなら来る。特殊型や、弱点保険のダイマ型、ステロを撒いてくる可能性もある。

マンムー刺さってないけど、電気の一貫を切るために外せない枠。タスキを持たせて行動補償を重視してくる。岩封、地震、ステロ、リフレクがくると涙目。

エルフーンもし選出するなら、みがわりやどりぎコットンの物理ストッパーかタスキ追い風がむしゃらの起点作成。前者は身代わり持ちに何もできないし、追い風のターンは簡単に稼げる。警戒度は1番低め。

 

最終的なパートナーズ予想は

エースバーン、テッカグヤ

ミミッキュカプ・レヒレ

マンムーナットレイ です。

 

炎エース枠から エスバ、カグヤ

電気無効にできる マンムー

自由枠エスバ意識の ヒレ

雑に強く刺さりもいい ミミッキュ

僕のパートナーズのほとんどに勝てるナットレイ

 

自由枠はナットレイ以外考えていません!ナットレイが来ないなら自由枠はおそらくいません。基本選出はナットレイに弱いので、裏のポケモンで対応していきます。

 

〈パーティー紹介〉

ギャラドス@オボンのみ 威嚇 AS

たきのぼり、とびはねる、みがわり、龍の舞

・出す気はありません。鉄壁のないナットレイに勝てる技構成にしてます。一応ナットレイ、カプ・コケコを交えたサイクル戦を想定。パッチラゴンとポリゴン2がいないなら積極的に出す。

 

ナットレイ@たべのこし 鉄のトゲ HBd調整

ジャイロボール、ボディプレ、宿木の種、鉄壁

・数少ないカプ・レヒレポリゴン2に勝てる枠。釣り交換を成功させた後、鉄壁で相手の物理を詰ませたい。ドレパンミミッキュも鉄壁持ちなら勝つことができる。

 

カプ・コケコ@磁石 エレキメイカー hCS調整

10万V、マジシャ、ボルチェン、リフレクター

・19匹中1番素早さが高くて技の通りもいい。エースバーンの火炎ボール+不意打ち耐え調整。ダイサンダーで無振りエースバーン確1。

 

マンムー@気合いのタスキ 鈍感 AS

地震、氷のつぶて、がんせきふうじ、地割れ

・カプ・コケコが出せない時は先発。地割れは有効打のないポリ2用。カグヤが不在で行けそうなときは出てもらう。鈍感なのは威嚇マンダ対策。

 

ヤミラミ@後攻の尻尾 悪戯心 HB

ナイトヘッド、鬼火、自己再生、トリック

・ 鉄壁ナットレイを詰ませるポケモン。バンギ以外の物理はこの子で止まる。

(^ω )^  『ヤミラミかわいいですね』

 

自由枠

パッチラゴン@こだわりスカーフ はりきり AS

電撃嘴、げきりん、つばめがえし、けたぐり

・常に命中率80%に怯えなければいけない。けたぐりはバンギラスを意識。炎技を入れるスペースがなかったため、自由枠ナットレイが1番嫌。相手の多くのポケモンに刺さっているのでよほどのことがない限り選出。

f:id:yukarizukiramuka:20201108022654j:image

 

〈見せ合い画面〉

f:id:yukarizukiramuka:20201108231947j:image

パーティの完成度よりも、単純に刺さりのいいポケモンを優先させた対面構築に見える、、。

刺さっているポケモンの予想のS〜Bで全て収まってます。戦術は1、4の戦術でしょうか…

 

どのポケモンも3タテ性能を持ったポケモンで、技範囲も広そうなのでサイクル戦はできない。でも、当初のプランであるダブル電撃戦術は通りそう。対面構築に見えるので釣り交換はしません。諦めます。

選出は

初手カプ・コケコ

裏にナットレイ、パッチラゴンで行きます!

 

対戦よろしくお願いします!!

f:id:yukarizukiramuka:20201220194642j:image

1ターン目

カプ・コケコとエースバーン対面。

こちらが先制し、ボルチェンでエスバを黄色ゲージまで削る。パッチに交代し、飛んでくるのはダストシュート。黄色ゲージまでいき毒状態に。

 

2ターン目

スカーフパッチが先制し電撃嘴でエースバーンを突破。裏からミミッキュが出てくる。

 

3ターン目

赤ゲージのパッチをかげうち読みでナットレイ引き。ミミッキュはかげうちを選択。

 

4ターン目

こちらはジャイロボールを選択。ナットレイが先制してミミッキュの皮をはがす。ミミッキュはトリックをして後攻の尻尾を押しつけられる。そして、たべのこしを取られる。

 

5ターン目

かげうちとトリックが見えたので、呪いがないと判断。鉄壁を選択して裏の物理エースに備える。ミミッキュは鬼火。ナットレイが焼ける。

 

6ターン目

やけどのダメージが厄介なので、やどりぎを選択。ミミッキュはこのターンに呪い!かげうち1ウェポンの起点作成ミミッキュだった。

 

7ターン目

相手のラス1が、ポリ2だとナットレイの体力を残す必要がある。マンダ、カグヤ、パッチなら裏のコケコ、パッチで詰める。ここでポリ2の線は切って、鉄壁でさらに要塞化。倒すと裏の起点になるので倒さない。

体力が黄色ゲージのミミッキュはかげうちを選択。呪いによりこのターンでナットレイが黄色ゲージに。

 

8ターン目

裏のダイジェットエースの起点になることを恐れてナットレイをパッチに下げる。ミミッキュはかげうちを選択。パッチが落とされる。コケコを裏から場に出す。

 

9ターン目

リフレクターを張りたいが、カベを貼るタイミングで呪いで退場されると辛いので、10万で倒す。相手はかげうちを選択。コケコが少し削れる。そして裏から出てくるのはボーマンダ

 

10ターン目

マンダ対策のリフレク採用だったが、お互いがダイマの選択肢がある以上ここは択。相手が竜舞ならダイフェアリー。ダイアースなら、ダイ

ウォール。そしてダイジェットならリフレクター。事前考察で、地震採用のマンダを考えなかったけど、目の前のマンダに恐れて、択を先延ばしにしたいという思いでボルチェンを選択。裏のナットなら一度ダイアースを耐えられる。

 

相手のボーマンダダイマックス。ボルチェンを先制で打ち、ナットレイに下げる。飛んできたのは『ダイジェット』ナットレイは倒され、自信過剰でAが上昇。

 

11ターン目

コケコはダイマックスしてダイウォール。ボーマンダはダイアース。このマンダは地面技も採用しているようだ。

 

12ターン目

コケコはダイフェアリーを選択。耐久を少し振ってるので、なんとかダイアースを耐えてくれ!!マンダが先に動いてダイアース。ほとんど体力のあったコケコをワンパン。

 

負け。

 

〈対戦後の感想・反省〉

1マンダコケコ対面について

自信過剰の起点になるのでナットレイバックは1番の悪手だった。ダイアースを読むならダイウォールが正解だし、ダイジェット読みでリフレクターをはれていた場合は、こちらにかなり有利な乱数勝負に持っていけた。択を通せば勝てる対面だったのに、どちらの択でも負ける選択肢を選んでしまった。

2事前考察について

型や戦略はある程度考慮していたのにもかかわらず、それをメタる術が用意できてなかった。エースバーンにボルチェンした後の引き先も考えてなかったので、考察が不十分。

3旅人さんのメタ

僕が旅人さんにメタられる前提でパーティーを組んだのに対して、旅人さんは刺さっているポケモンをストレートに連れてきた。でもそのストレートなメタの中に全抜きされないような工夫があり、僕のメタハリを覆せるものが多かった。(ヤチェのみマンダやしっぽトリックミミッキュなど)

これは六花杯通してですが、旅人さん戦が1番熱戦で負けて悔しかったです。

またどこかで戦いましょう!次は負けませんよ!

 

 

▷ただいま0勝1敗。次の対戦相手は1勝0敗のあっしゅさん。ここで負けると早くも予選突破する2人が決まりそうな予感がするので止めないといけませんね。

【六花杯】〜パートナーズ編成と参加までの経緯〜

こんにちはラム…ネです🐨

今回はベロイさん主催の六花杯に参加したので記事にしようと思います。

 

1.六花杯参加までの経緯

今年、高3で受験生ということもあり、受験が終わるまではメタゲームと、というよりはポケモンと一度決別するつもりでした。それでポケモンをしばらく封印して、Twitterでも大人しくしてたのですが、なかなかメタゲーム欲が収まらない…。ノートや教科書に最強実況者全力決定戦のメタを考えるのが癖になってしまい全く勉強に集中できない!!

 

そういうことでメリハリをつけようってことで8世代のメタゲーム大会への参加を解禁しました。

 

5月にタイプ制限杯(かっぱまきさん主催)に参加。神社に3回行き運を味方につけるも、結果はベスト4。優勝という未練を残した僕は主催になりセパマッチという10パ制のメタゲーム大会を開きました。しかしそこでも無念の3位。

 

受験期も近くなってきたしやめ時だなぁと かなしばり状態のアンノーンのように意気銷沈していた僕にある人からリプライが…。

 

そこで『六花杯に参加するんですがラムネさんもどうですか?』と誘われました。メタゲームに初めて誘われてテンションが上がった勢いで我を忘れ『参加します!』と返事!

 

僕はまたメタゲームの世界へ引きずり込まれてしまいました。

--------------------------------------------------------

参加者を見てみるとセパマッチで全勝優勝のラプラスさんがいる、、他の参加者もタカタカ杯や春闘杯などのメタゲーム大会で最前線で戦ってる方ばかり。ラプラスさんにリベンジできるのは嬉しいけど、メタゲー常連だらけだからボロ負けだけは避けなければ、、。

 

2.大会ルールと

大会前から仕組んだメタ

今回大会ルールは『10パートナーズ制で自由枠は相手のパートナーズから1匹選択』というルールだったので普段組むようなやれることの多いポケモンだけでパーティーを組んでしまうと、自由枠が絞り込めなくて相手に自分のメタが刺さらないだろうなと感じたので、パートナーズ作りを慎重に行いました。

そこで選んだ10パートナーズがf:id:yukarizukiramuka:20201031004815j:image

この10体です!!

上5匹は僕がメタゲームで使い慣れてて、KPがある程度の数になりそうなポケモン達。下5匹はKPが被らなさそうで、よほどの物好きでなければ育成個体すらいないようなポケモン達。これにより、自らのパートナーズパワーを下げることで相手の自由枠を絞ることができると考えました。

 

上5匹は自分のパートナーズと被っていて自由枠で選べないし、そもそも自由枠候補が少なくて簡単に読まれてしまう。下5匹はそもそも育成済みがいない、という状況を作り出すことができれば上々です。

 

1)相手の自由枠が上5匹の場合

メタ通りの戦略で頑張って勝つ。

2)相手の自由枠が下5匹の場合

普段使わないポケモンに慣れてなくてプレイングをミスってしまったり、相手は他の参加者への考察時間が減り、他で負けてくれる。(かも)

3)自由枠なしの場合

より強固なメタで勝利を収める。

 

以上のロジックを使い予選突破の確率を少しでも上げようと思っています。

 

〈パートナーズ紹介〉

ギャラドス物心つく前からの相棒!外す理由がないので当然採用。

ナットレイ10パートナーズをナットレイが刺さりすぎてるパーティーにすることで自由枠候補筆頭をナットレイにするのが目的。前の大会で1試合も出せなかったので今回は積極的に戦ってもらいたい!

【カプ・コケコ】7世代の最終シーズンで独自で作った構築、ギャラナットコケコをまた使いたかった。エスバより早くて技も器用なので採用しました。

ウツロイド僕が初めて参加した大会はウツロイドがヘドウェで毒を引いたから優勝できた…ということがあり、ウツロイドをまたメタゲーの場で輝かせたいということで採用。ベロイさんとウツロイド対決してみたい。

マンムー10パ制のメタゲームではずっと入れてる超絶信用枠。カベ張って、ステロ撒いて、殴って、こらえて、一撃必殺!!なんでもできるから大好き

ギャロップウインディだと自由枠で取られた時にギャラナットのサイクルが『壊滅』するので取られることが無いであろうギャロップを選択。技範囲が想像以上に広く、ウインディよりsが10高いことが生きるかもということで採用しました。メタゲームでポニータは見たことあるのに、ギャロップを見たことなかったから活躍させたかったのもあります。

ヤミラミパッチラゴンが暴れてたシーズンで使っていて使用感がよくて、技も面白いものが多かったので採用。悪戯心もちはメタゲームで強いので腐ることはなさそう。

ナゲツケサルなんだこいつ!?って思った人がほとんどでしょう。ちゃんと真面目な理由で採用してます。対面性能が高く、積みストッパーとして素晴らしいポケモンなのです。先制技とカウンター、起死回生を覚えて、S操作手段であるエレキネット、ローキック、がんせきふうじ、こわいかお。ダイジェット環境でも戦っていける性能があると思いました。ギャラに1だけSが負けてるので自由枠で取られる心配もありません。

ジジーロン技範囲、火力があり特性のぎゃくじょうや草食が非常に優秀。メタゲームだとノー天気も強い。トリックルームが刺さりそうな環境だったのと、ノーマル複合はネッコアラが来たら使うことないだろうなと思い採用。

【イオルブ】変化技がとにかく優秀。特性がおみとおしで壁やバトン、重力、ネット、トリル、鉄壁瞑想+自己再生などメタゲーマー好みの性能。

 

といった感じです。ギャロップのとこでも少し話したけど、下の5匹はメタゲームの場で活躍してほしいという思いが詰まってます。

 

今回はタイプを被せないように組んで見ました。他にもいるかなと思ったけど参加者で唯一でしたね。

 

自分のやりたいことを通すより、相手の選択肢を狭めて戦うやり方。このルールだからこそ見つけた自分の戦い方。優勝してメタゲー狂人たちに一泡吹かせてやりましょう!!